Bird Watching

Nature Trails

Special Interest

Tailor-made

Select Language: English Japanese Chinese
タビン野生動物保護区

1984年に作られ、タビンは主として森林に生息する多くの動物たちのための野生動物保護区であると宣言されました。その内の数種の動物は絶滅の危機に瀕しています。 サバ州の3大哺乳類であるボルネオピグミー象、スマトラサイ、そして野生の水牛が全てこの保護区内で見つけられます。9種の霊長類が棲息し同じように野生動物の保護すべきリストに載っている3種の猫も棲息しています。 鳥類では42の固有種と300種が確認されています。タビンの見どころの1つとして活動中でミネラル豊富な泥火山です。そのミネラルを摂取するために野性動物が引き付けられ集まります。そのため野生動物観察やバードウォッチングの理想的な場所となってます。

サバ州野生動物局は保護区内の生息する動物を管理し、一方サバ州森林局はタビンの木々を守る責任があります。その保護区は主に低地フタバガキの森林で覆われています。

2004年にタビンワイルドライフリゾートによって宿泊施設が提供されるようになって以来、タビン野生動物保護区は自然豊かな生物の多様性を観察したり、自然の中でアクティビティに参加したりすることが出来るサバ州の最も良い場所のひとつとして人気を得ています。タビンでの人気アクティビティとしては、ジャングルトレッキング、ナイトサファリ、ナイトウォーク、野生動物探し、バードウォッチング、そして熱帯雨林学習などです。

タビン野生動物保護区はボルネオ島(マレーシア)のサバ州東部に位置し、長方形をした約30万エーカーの面積です。その保護区はラハダトゥ町の北東、スガマ川下流の南とシラブカン森林保護区の北部から成ります。

行き方

飛行機で:

マスウィング (www.maswings.com) はコタキナバルからラハダトゥに毎日運行しており、飛行時間は約1時間です。ラハダトゥから一部砂砂利の道を約1時間15分のドライブすると、タビンワイルドライフリゾートに到着です。

陸路で:

コタキナバルからラハダトゥへは約7時間。

サンダカンからラハダトゥへは約4時間。このルートは飛行機でサンダカンへ行き、そこからセピロックオランウータンリハビリテーションセンターやセリガン・タートルアイランド島を訪れる旅行者がタビンへ行く場合の手段としてより人気があります。又は、更に奥地のキナバタンガンのスカウに少なくとも1泊した旅行者は陸路でスカウから直接タビンワイルドライフリゾートへ行くことも可能です。これらの旅行ではボルネオ島の最良の自然環境を見ることを可能にします。

タワウからラハダトゥは約4時間。ダイバーたちはシパダン島やマブール島へのダイビングツアーの後の良い旅行場所としてタビンがあります。規則でダイビング後の数時間は飛行機に搭乗することができないため、ダイバーたちはタビンを訪れ1泊又は2泊滞在します。島へのボートの発着地となる港があるセンポルナからタビンへは約3時間15分です。

Tabin Wildlife Holidays Sdn Bhd - Objective

タビン・ワイルドライフ・ホリディズ社の目的は、豊な自然環境を破壊しない優しい方法で、全てのツアーとサバ州での滞在が、真に独創的で記憶に残るマレーシアの体験になるために、親切なおもてなしで対応し、プロ意識を持ち、革新的な工夫で我々の顧客の満足度と期待感を超える献身的で感動を与える一団を持った、マレーシアで最高の環境、自然、そして冒険ツアーを取り扱うツアー&リゾート業者としてサバ州東西沿岸で活動することです。